日記 Feed

2011年1月 2日 (日)

賀正

micsucco.jpg
明けましておめでとうございます。
mic 太田です。2011年が始まりました。
毎年そうですが、1年がアッという間に過ぎてしまいます。それって、年!?
特に去年は、AKI-OKA ARTISAN に新店舗をオープンしたこともあり、その準備やら新商品の企画やらで、バタバタしていて、秋口からは本当に早かったっす。
今年の景気も相変わらず厳しいと思いますが、めげずに頑張ります。
昨年同様、micをよろしくお願いします。

mochitsuki.jpg
お正月の風物詩、、、ってかぁ、今はあまり見られない光景ですネ。
AKI-OKA ARTISAN にある『遊食家Boo』さんで、餅つき大会です。
お誘いを頂き、、、更にお餅のお土産まで。。。

mochitsukuri.jpg
色々な味付けがありましたが、私は、醤油に砂糖を混ぜたシンプルなものを選びました。
九州の醤油だそうで、少し甘めですが、砂糖もプラスして。。
shoyu.jpg
つきたて、、、で頂きぃ~。うまっ。

mochi.jpg
お店の女性スタッフ、、、柴ちゃんは、3色味。。

2日からの営業の中、プチっとしたお正月を味わいました。

2010年12月30日 (木)

アメ横の年末

またまた、年末がやって来ました。
アメ横は、大盛況です。
ご飯を食べに行こうにも、歩くのが大変。

明日の朝は、ものすごい事になっていそうです。icon:sweat

ameyoko.jpg

2010年12月22日 (水)

プチ紹介

お向かいの Hacoaさん。

key.jpg


木製のパソコン用キーボードやマウスiPhone4のケースもあります。
沢山の面白い商品があります。

iphone.jpg

楽しいお店です。
残念ながら、僕の使っているiphone3Gのケースは、生産が終わっでしまったようです。

とほほ。

2010年12月16日 (木)

粋な一生

こんにちは、mic 太田です。

今日は、寒いです。
icon:snowman

いよいよ、冬がやって来たって感じですね。icon:face_mistake
まぁ、12月も半ばですからね。

会社の女の子のお薦めのラーメン屋さんに行って来ました。icon:face_shishishi
塩ラーメンが人気って事で、頼んでみました。
かなりサッパリとしていて、女性に支持されそうな味でした。

iki.jpg

iki02.jpg

二日酔いには、もってこい、、、です。icon:face_embarrassed

御徒町店からも近いので、通いそうな感じっす。
時間によっては、列んでいるようですが、今日は時間がずれていたからか、
すんなり食べる事ができました。

で、その後は、店のお隣の やなか珈琲店さんで、一服。。。

iki03.jpg


いやぁ、しかし寒い。温かいラーメン、コーヒーが美味しいです。

太田

2010年12月15日 (水)

日課

こんにちは、mic 太田です。
毎日のお仕事です。

kusaki.jpg

kusaki02.jpg

草木にも潤いを。 icon:face_sparkling_smile

2010年12月14日 (火)

待機中

雑誌の撮影で、御客様がいない時間に撮りたいとの事。
待つのみ。。。


01.jpg

02.jpg

03.jpg

2010年12月 6日 (月)

御徒町にできた、元ジャイアンツの元木さんが出したラーメン屋さんです。

並んで食べました。 4.jpg

2010年12月 3日 (金)

・・・なぅ。

ちょっと。ちょっと、ちょっと。
眼がぁ、みっ、みっ見えない。
老眼鏡、、、なぅ。

rougankyo.jpg

2010年11月10日 (水)

頑張れ日本 バレーボール 世界選手権女子大会

バレーボール 世界選手権女子大会が開催されています。

昨日は、韓国を破って準決勝に進出が決まりました。


今日は、ロシア戦、、、手強い相手っす。応援に行って来ま〜すicon:face_smileicon:body_stop

photo.jpg

因みに、1人ですが、、、。

2010年10月14日 (木)

感動【チリ サンホセ鉱山】

世界中が注目している、チリ サンホセ鉱山の落盤事故。
いよいよ、地下に閉じ込められた33人の救出が始まりました。

写真.jpg

600メートル以上の深さをカプセルを使って引き上げる作業をライブ映像で観ていました。

一人一人救出される度に、歓声、拍手があがり、家族や仲間との69日ぶりの対面を観て、思わず感動して涙が。。。

チリの大統領も現地に駆けつけていて、救出された人と抱き合うシーンも観られました。低迷していた支持率も上がったとか。

33人の中で唯一の外国人(ボリビア人)がいて、救出にボリビアの大統領も駆けつけていました。両国は、古くから対立をしていて、国交もないとの事。

お互いがコメントをしていましたが、これを機会に友好的関係ができれば良いですね

しかし、閉じ込められた人々、救出に携わった人々、色々なドラマ、人間模様があったとおもいます。

特に、地下深く、狭い空間に33人がどの様な気持ちで過ごしていたのか。
精神的、肉体的にかなりのストレスがあったと思います。

報道では、現場監督である人が、リーダーシップを取り、それぞれの人に役割りを与えたり、発見されるまで、限り少ない食糧も少しずつ食べる様、決め事なども作り、励まし合ってきた事が、全員無事に発見される事につながったようです。

地上では、駆けつけた全家族が、33人全ての救出が終わるまで帰らない と約束ができたらしいですね。

この救出劇を観ているだけで、どんな映画やドラマよりも感動、考えさせる事がある様な気がしました。
実際、映画や本、ドキュメンタリーのオファーが既に来ているらしいです。
救出された人の中にも、自分で本を出したいと言う人もいるようです。

今回、何故この様な事故が起きてしまったのか、特にチリは地震が多発する国ですし、原因究明をして 二度と同じ様な事故が起きないよう、願いたいです。
一先ずは、全員無事に救出され、元気な事、そのチームワークに感動です。


写真2.jpg