« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

グレージングヌメ 革育て日記番外編 「コーヒーをこぼしちゃった!」

Dsc_0040

いつもmicをご利用いただき誠にありがとうございます。

今日は革育て日記番外編 「コーヒーをこぼしちゃった!」をお送りします。

今私が育てているヌメ革のヒップポケットは、

micの商品の中でもユーザーさんが多い定番の型です。

わたしの同僚Hくんも半年くらい前から使っています。

彼の場合はお手入れなどは一切なしでバッグに入れて持ち歩いています。

半年ほど経った今はキャメルか薄茶くらいの色合いです。

Photo

お尻のポケットに入れると、もっと摩擦で擦れて

同じ半年でも色は濃く変化するようです。




さてH氏、この財布を使い始めて1週間くらいのときのこと。

新人3人で研修に行った帰り、

バスのなかで缶コーヒーを飲んでいました。

「イタリアの最新革トレンド」講座なるものに参加した帰りだったので

「あの革ユニークで面白かったね」なんて

後ろに座った私たちを振り返っておしゃべりをしていました。

バスに乗ってしばらく、信号で止まったとき。

ブレーキの反動で、なんと飲んでいたコーヒーが財布にこぼれました!

使い始めて1週間でコーヒーをこぼしてしまうなんて、

自分では恐ろしくてとても試せない(試したくない)出来事だったので、

思わず携帯のカメラで撮影しました。

0409_011_2

指を引っ掛けるループ部分にしっかりコーヒーが染み込んでいます。

この後H氏は慌てることなく「大丈夫じゃない?」と

構わぬスタイルでそのまま使い続けています。

さてそのループ部分は今どのような状態になっているかと言いますと、

下の写真でご覧下さい。

Img_0787

ちょうどコーヒーがこぼれたループ部分だけ、

他のところより1段色が濃くなっています。

H氏の場合はコーヒーが綺麗に満遍なく染みこんでいたので、

ムラになったりはせず

色が周りよりも濃い状態で経年変化していっています。

コーヒーをこぼしたことも今となっては

3人で思い出して笑える楽しい出来事ですが、

好きで手に入れた革製品に染みがついてしまうと残念です。

 

財布ではなくても

革に飲み物や食べ物をこぼしてしまったときは、

1.乾いた綺麗な布で染み込む前に水分を拭き取る

水をつけて薄めようとすると、

その水も一緒に吸い込んでしまい染みが広がりやすくなります。

2.なるべく早く乾かす

濡れたままにしておくと革にカビが生えたり、

ぽつぽつと水ぶくれができたりします。

 

革は風通しの良い日陰で干してください。

3.汚れが目立って気になる場合は革専用ソープで丸洗い

部分洗いをすると洗った部分だけムラになる恐れがあるので、

洗うときは丸洗いがおすすめです。

革専用サドルソープの使い方(Youtubeの動画です)

水濡れや汚してしまったときはファーストケアが肝心です。

そんなわけで次回は 革育て日記番外編2

「飲み物をこぼしてしまった!時に革を洗うとしたら?」

をお届けします。

今日も革育て日記お付き合いありがとうございました!



micでご紹介している革のケアグッズはこちらから
    ↓    ↓    ↓
http://www.mic1978.com/fs/micshop/c/care




店舗のご案内

http://www.mic1978.com/shop2/honten.html

上野本店
  営業時間 11:00-19:00(土12:00-19:00)
 定休日 水日祝

2k540御徒町店
 営業時間 11:00-19:00
 定休日 水 

神戸三宮店
 営業時間 11:00-20:00(土日12:00-20:00)
 定休日 水

オンラインショップ
http://www.mic1978.com/fs/micshop/c/micshop

 月~金発送
 到着日時指定可

**月2回お財布の豆知識やイベント、入荷情報をお届けするメールマガジンを発行しています。

メルマガ登録はこちらから。













2012年10月27日 (土)

グレージングヌメ 革育て日記 vol.3 クリームつけすぎるとどうなるの?

Img_0780

いつもmicをご利用いただきましてありがとうございます。

mic御徒町店のある2k540では

2回目の「あつらえ ORDERWEEK」開催が決定しました。

今回は11月11日(日)~18日(日)までの8日間です。

2k540にある44店舗が一斉に

お客様からのオーダーを承る期間となっておりますので、

ぜひ1度自分だけのオリジナルグッズ作りに挑戦してみて下さい。

11



さて今日は新米スタッフの革育て日記vol.3をお送りします。

先月使う前のケアについてご案内して以来、

グレージングヌメのヒップポケットをせっせと育てています。

2つ育てたかったので1つは先輩社員に里親になってもらいました。

わたしが育ていている、使う前に日焼けさせていないバージョンは、

今こんがり焼けた食パンのような色合いです。

005



新品の状態と比べると、色が茶色っぽく変化してきています。

006_2

使う前に日焼けさせなくてもエイジングは進むようです。

2~3ヶ月使うとかなり変化するようなのでまた来月ブログでご案内します。



今回のブログでは、使う前のケアで感じた疑問について、

職人の大石さんと簡単な実験をしてみましたので

その様子をお伝えします。

ケアをしながら気になったのは

「まだ革が新しいときにクリームをつけすぎちゃったらどうなるのかな?」

ということです。

というわけで早速大石さんに「つけすぎ」の量を試してもらいました。

前回vol.2でご案内したように、クリームは布にとった後、

よく馴染ませてからお財布に塗りこみます。

Img_0720



ですが今回はクリームを布にとった後そのまま革につけてみました。

Img_0753




革の表面にベタッとクリームがつきました。どうなるのでしょう??

Img_0755

このまま何もしないでしばらく放置してみます。

だいたい5分くらい経ってから

表面に付着したクリームをぬぐってみたところ、下の写真のように

クリームをつけたところがまだらの染みになってしまいました。

Img_0789

このまま育てていくと

染みになった部分が他の部分よりも濃い色になるそうです。

実際に使い始めると自然と色の濃い部分と薄い部分ができてきて、

またそれもその人の「味」だよ、と太田店長に言われました。



でもやっぱり、初めてケアをして染みがついてしまうと

ちょっとショックな方もいらっしゃると思いますので、

慣れない時は

「少ない量でよく布に馴染ませてから、目立たない場所で試す」

ところからトライすることをおすすめします。

お財布だけでなく靴や鞄もケアをするとしっとり艶やかになり、

触れると心地よい手触りになります。

気持ちもなんだかリフレッシュしますので

ぜひこの短い秋の夜長に、ご自宅でのレザーケアをお試し下さい。




次回は私の同僚、Hくんが使っているヌメ革のヒップポケットをご紹介します。

使い始めて1週間でコーヒーをこぼしてしまい、

そのまま何もせず使っているのです。

白に近い肌色の革にコーヒーをこぼすとどうなるでしょう。。。

そんなわけで次回は「構わぬスタイル」でもエイジングを楽しめる、

micのヌメ革の魅力をご案内します!

お楽しみに。




micのヌメ革の魅力をたっぷりお伝えする特集ページはこちらから
   ↓    ↓    ↓
001

「革育て日記」バックナンバー

グレージングヌメ 革育て日記vol.1

グレージングヌメ 革育て日記vol.2 使う前にクリームケア!




グレージングヌメ取り扱い店舗のご案内

http://www.mic1978.com/shop2/honten.html

上野本店
  営業時間 11:00-19:00(土12:00-19:00)
 定休日 水日祝

2k540御徒町店
 営業時間 11:00-19:00
 定休日 水 

神戸三宮店
 営業時間 11:00-20:00(土日12:00-20:00)
 定休日 水

オンラインショップ
http://www.mic1978.com/fs/micshop/c/micshop

 月~金発送
 到着日時指定可

**月2回お財布の豆知識やイベント、入荷情報をお届けするメールマガジンを発行しています。

メルマガ登録はこちらから。












2012年10月26日 (金)

11/11-18 2k540 オーダー会「あつらえ ORDER WEEK」開催

11


いつもmicをご利用いただきましてありがとうございます。


9月に初めて行われた2k540のオーダーウィーク、

「あつらえ」が再び11月中旬に1週間開催されます。

9月のときよりもさらにパワーアップして

2k540の44店舗でそれぞれオーダーを受け付けるようです。

micは前回に引き続き財布のセミオーダーを承ります。

開催期間が1週間と短いですので前回逃した!という方は

ぜひ11月の第2回でお待ちしております。

Photo_6

 

詳しいセミーオーダーのご案内は下記のブログをご覧ください。
 ↓  ↓  ↓
http://blog.mic1978.com/2012/09/order-week54mic-7405.html



お問い合わせは2k540 mic御徒町店(店長 太田)まで

03-3833-5130 (11:00~19:00 水曜定休)

あつらえFacebook

http://www.facebook.com/atsurae

2k540 アクセスマップ

http://www.jrtk.jp/2k540/access/

mic御徒町店

http://www.mic1978.com/shop2/okachimachi.html




2012年10月14日 (日)

御徒町店スタッフ一押し財布 vol.3 「財布の王道」

Img_0878

こんにちは。micの根本です。

御徒町店スタッフ一押しvol.1と2を

読んでくださった皆様ありがとうございます。

小林くんとのお財布談義、ひとまず今日で最終回です。

後半は白熱した「財布の王道って?」問答が展開されますので、

是非是非最後までお付き合いください。


小林くんのおすすめ3つ目は、

MH0409 グレージングヌメ ヒップポケットです。

Img_0878_2

このかたちはmic一番のロングセラー、

ヒップポケットに入れて使うことを想定して、

仕立ての工夫を随所に施した定番商品です。

さてこの「409」(スタッフはヨンマルキュウという愛称で呼んでいます)、

小林くんはどのあたりが気に入っているのでしょう。

小「このかたちは、何と言っても使いやすさ、で選んだよ」

根「使いやすさとは?」

Img_0879

小「たとえばこの箱小銭。コインが取り出しやすい」

小「この形はなんか計算された形だよね。

ジーンズのポケットも傷まないし、財布も傷まない。

箱小銭も使いやすし」

ふむふむ。

根「じゃあ小林くんも使っているの?」

小「うん、この革じゃないけど」

見せてもらったら、

小林くんは限定商品のグローブ用の柔らかい革を使った

チョコレート色のヒップポケットを使っていました。

Img_0894

小「やっぱり(なんといっても)

このフォルムがジーンズのように美しい。

機能性も高くてデザイン性も高いものってあんまないじゃん」

と、すごい大絶賛。



ヒップポケットシリーズは

使っていって馴染んでくるとお尻の形に添うように設計されています。

横から見たフォルムは片面だけが丸みを帯びるようになります。

Img_0897



小林くんのお財布はしっかり馴染んで綺麗に丸みを帯びています。

Img_0895

使い始める前の状態は下のようにまっすぐです。

Img_0846


ちなみに冒頭の409は、タンニンなめしのヌメ革を使用しており、

使い込むと肌色が濃い茶色に変化する育てて楽しむ牛革です。

Img_0880

再びお財布談義に戻ります。

根「じゃあ、小林くんはお客様にもこのヒップポケットを勧めるの?」

小「そうだね、お尻のポケットに入れて使うっていう人には

こういう形もありますよって案内するよ」


根「ご案内したらヒップポケットを気に入る方は多い?」

小「うーん、半々位かなあ。

ああこんなのもあるんだ、と買っていく人もいるし、

いわゆる2つ折を買っていく人もいるし」


Img_0900

ここにきて、小林くんのおすすめ最後の1つ、

2つ折の札入れが登場です(左側の四角い財布)。

根「この2つ折はなんでおすすめなの?」

小「ここでずっと働いていると

これ(409)が王道に見えちゃうんだけど、

本当は王道ってこっち(2つ折)だよね笑」

「うちの財布、最初に買う人って勇気いるよね。

変わった形を買うのって。

ずっと使い慣れた形を買う人って、

やっぱこれを買うんじゃないかな」


「いわゆる王道、財布といえばこのかたち。

慣れいていて使いやすいんじゃないかな?

と思ってこれを選んだんだよ」

財布の王道。

確かにmicで働いていると2つ折にしてお尻のポケットに入れる、

と言われれば、ヒップポケットを何よりも先に思い浮かべるけれど。

普通にポケットに入れて使う財布と言えば四角い2つ折なのか。



小「2つ折財布を買う人と何か特別(どうして2つ折がいいか)

話すわけじゃないんだけど、

これを下さいっていわれる度に思うんだよね。

何でヒップポケット買わないのかな?

あそっか(普通は)こっちだよね。って」

小「まあ一応ヒップポケットも進めるんだけどね。

ポケットに入れるなら財布の角が折れませんよって」

根「進めたらヒップポケットにするってことはないの?」

小「進めたら、両方いる。

じゃあヒップポケット使ってみようかなって人も、

2つ折を買ってく人も。

2つ折を買っていく人は

あまり冒険をしようと思わないのかなって思う」


なるほど。

財布はほんとに使う人の考え方やスタンスで

使いやすさが変わるんだなあと改めて実感。

「財布の王道」・・・

micで働きながら私なりの考えを深めていきたいと思いました。

というわけで、

今週のスタッフ一押し財布を選んでもらったら、

なぜか財布の王道の話になりました。

だいぶ長くなりましたが、

micのお店に足を運んでいただけたなら、

小林くんを始め財布について真摯に考えているスタッフが

丁寧にお話を伺います。

なかなかこれだ、というお財布に出会えないと感じたら、

是非1度micのお店に足をお運びください。

スタッフ一同お待ちしております。

それではまた次回、「スタッフ一押し」談義をお楽しみに!

お付き合いありがとうございました。



店舗のご案内

http://www.mic1978.com/shop2/honten.html

上野本店
  営業時間 11:00-19:00(土12:00-19:00)
 定休日 水日祝

2k540御徒町店
 営業時間 11:00-19:00
 定休日 水 

神戸三宮店
 営業時間 11:00-20:00(土日12:00-20:00)
 定休日 水

オンラインショップ

http://www.mic1978.com/fs/micshop/c/micshop

 月~金発送
 到着日時指定可

**月2回お財布の豆知識やイベント、入荷情報をお届けするメールマガジンを発行しています。

メルマガ登録はこちらから。

2012年10月13日 (土)

今週の御徒町店スタッフ一押し 気軽に楽しむ蝋引き革

Img_0885



こんにちは。



いつもブログを読んでくださる皆様ありがとうございます。

micの根本です。



今日は、今週の御徒町スタッフ一押し その2をお届けします。


御徒町店スタッフ小林くんの一押し2つ目は、

micのブライドルシリーズ。

Img_0851

micのブライドルシリーズは、牛革の表面に刷毛でロウを引き 

独特の表情を出しています。


1枚ずつ職人が刷毛を引くので財布1つ1つ表情が違ってきます。




Img_0886

早速小林くんに「どうしてブライドルなの?」と聞いてみると、

「(これは)革押し!」と一言返事が返ってきました。




根「革押しなのかあ。じゃあこのかたち(名刺)ってことじゃないのね」



小「そう。ロウの具合が綺麗に見えるやつを持ってきた」


なるほどなるほど。




根「ブライドルが良いと思ったのはなんでなの?」



小「蝋引きの感じが高級感ある感じがするんだよなあ」



根「高級感かあ」



小「うーん。ふつうの牛革より手間がかかっている感じが表面に出ているから、

経年変化も面白いと思う。色も変わるし蝋も落ちるっていう」




手間がかかっている感じが表面に出ている。

男の人はそんなところを見ているんですね。




新品のブライドルに触ると、

しばらく指先や手の平にロウのしっとりとした感触がしばらく残ります。




たっぷりロウが引いてあるものを手にしたときは、

使い始めの1週間~10日ほどの間、ロウがなじむまで、

ポケットの内側などにロウが付着することもあります。




店頭でご案内するときには、

お買い上げいただいてからしばらくは気をつけてください、

とご案内しています。



ちなみに小林くんがブライドルのロウ引き具合がきれいだと

持ってきてくれた名刺入れは

中の作りが「風琴マチ」という日本独特の仕立てになっています。

Img_0888


風琴とはアコーディオンのことで、

マチの部分が横からアコーディオンのように

蛇腹式の仕立てになっていることに由来します。

Img_0889

蛇腹式に開くことで名刺やカードを引き出しやすくなっています。


さて、小林くんの革談義にお話を戻しますと、

ブライドルは高級感がある、といいながら、


小「ブライドル高級感あると思うんだよなあ、ブリーフケースも含め」

Img_0899

と店の奥にディスプレイしてある

ブリーフケースを持ってきてくれました。



確かにブライドルのブリーフケースは、他の店舗でも人気。




先日、渋谷店時代のお客様が

わざわざ東上野の本店まで同じものを、

と買い替えに来てくださいました。




少し変化のある革財布をお探しの方は、

小林くん一押しのブライドルシリーズを是非1度お手にとってご覧下さい。




すっかり盛り上がった白熱のお財布談義、

次回は最終話 「お財布の王道って?!」をお送りします。

お楽しみに!





店舗のご案内

http://www.mic1978.com/shop2/honten.html

上野本店
  営業時間 11:00-19:00(土12:00-19:00)
 定休日 水日祝

2k540御徒町店
 営業時間 11:00-19:00
 定休日 水 

神戸三宮店
 営業時間 11:00-20:00(土日12:00-20:00)
 定休日 水

オンラインショップ

http://www.mic1978.com/fs/micshop/c/micshop

 月~金発送
 到着日時指定可

**月2回お財布の豆知識やイベント、入荷情報をお届けするメールマガジンを発行しています。

メルマガ登録はこちらから。






2012年10月11日 (木)

今週の御徒町店スタッフ一押し micこだわりの極小財布 

Img_0881



micblogを読んでくださる皆様いつもありがとうございます。

micの根本です。

今日は午後から御徒町店に来ています。


せっかくお店に来たので、

1年半くらい御徒町店のスタッフをやってくれている

アルバイトの小林くんに「今週の一押し財布」を選んでもらいました。


「4つ選んでね」とお願いしたら、

「決まった!」とすんなり4つ違う型のお財布を持ってきてくれました。


おすすめポイントを聞くと1番初めに差し出しくれたのが、

MH0580  イタリアンアニリン 三つ折札入れ です。

Img_0884

 

なかでも右端のオレンジ色が小林くんのおすすめカラー。

「どうしてオレンジなの?」と聞くと、

かなり言葉を探して探して「うーん、色のカジュアルさかな」

「あんまり日本人っぽくない感じ。古着っぽい。今っぽくない感じ」

とのこと。

確かにこのオレンジは、革屋さんがイタリアの工房から取り寄せた、

最新のカラーバリエーションの中から

「新鮮なあまりないオレンジを」と決めた色。

もともとオレンジはお店で人気の色でもあり、

落ち着いたほかの3色と並べると目を引きます。



かといって鮮やかすぎず、エネルギーを感じる暖かみがあり、

男性が持つとかっこよく決まる、そんな絶妙カラーです。




さらに小林くんには、

この三つ折財布のかたちにも思い入れがあるようです。

根 「色はわかったんだけど、

このかたちにも何か思ってることがあるの?」

小 「これだけもって歩くのは男らしくてかっこいい、

という感じがするんだけど、作りは繊細に出来ている」


Img_0903

 

「ぱっと見、もっと(作りは)簡単そうじゃない?

作りはもっと簡易的な感じがするんだけど、

その割には小銭のところもちゃんと出来ている」


Img_0882

「開けるまではこんな繊細なつくりだと予想しない」

(コンパクトさがコンセプトのお財布ですが、

1万円札がぎりぎり入る幅をミリ単位で計算して作っています)



「ぱっとこれだけ持って出かける感じはすごくカジュアルな感じ。


だけど、なんかこっちは(作りは)

かっちりしてる感じがするんだよね。スマートだよね」

「俺のイメージでは、ipad持ってる外人みたいな感じだよ」

 

Img_0904

と、すっかり財布談義が盛り上がり、

最後は小林くんの体全体で

このお財布のスマートさ、軽やかさ、

そしてかっこよさを表現してもらいました。

そんな小林くんのおすすめ2つ目は「ブライドル(蝋引き革)」です。

vol.2に続きます。お楽しみに。

小林くんお勧めのMH0580は

上野本店、御徒町店、神戸店でお手にとってご覧頂けます。

http://www.mic1978.com/shop2/honten.html

オンラインショップでもご案内しております。

http://www.mic1978.com/fs/micshop/gr6/MH0580

「コンパクトイズビューティフル!」

micこだわり コンパクト財布特集はこちらから

    ↓   ↓   ↓

http://www.mic1978.com/fs/micshop/c/gr59