« mic 職人の背中 その1 深井さん | メイン | お財布もクールビズ »

2011年7月13日 (水)

ファスナー修理

micでは、できるだけ永くお使いただけるようオリジナル商品の修理を承っております。

今日は修理でよくある症状その2をお話します。


前回お話したヒップポケットシリーズのループ取れと同じように、

修理品のなかで多い症状はファスナーのトラブルです。


下の写真は最近お預かりしたmicのダブルファスナー財布。
(大容量の収納力が特徴のラウンドファスナータイプの商品です)

WF全体.JPG


修理希望の財布が届いたらまずどんな症状があるか全体を調べます。


今回の症状はファスナーテープの破れ、ファスナーが閉まらない、の2点です。


まず、ファスナーが閉まらなくなってしまった場合は、

引き手の下についている5角形のスライダーという部品を交換することで、

また使えるようになります。

閉まらない.JPG


ただ、今回のようにファスナーテープが破れてしまうと、

財布からファスナーを一度全部取り外して

新しいファスナーをつける修理になってしまいます。

ファスナーテープ破れ.JPG


ファスナーテープを交換する為にミシンの糸を全部ほどくため、

針穴を合わせることが非常に難しくなります。

針穴に2度針を刺すことで針穴から革が破れる遠因にもなります。


また一度糸をほどくことで針穴部分からなかの芯材がぼろぼろになり、

財布が型崩れを起こしてしまうこともあります。


そのためmicではファスナーテープが破れてしまった財布については、

新品のご購入をお勧めしております。


そこで今日は、せっかくお買い上げ頂いた財布を永く使っていただけるように

ラウンドファスナー型財布の使い方のポイントをご紹介します。


ファスナーで開閉する財布は、ファスナーテープが破れてしまわないように、

中に入れるカードやお金の量を適度に保ってお使い下さい。


カードたくさん.JPG


上の写真のようにカードをたくさん持ち歩いている場合、

無理に引き手を引っ張って財布を開け閉めすることになります。

テープ破れの原因.JPG

そうすることでファスナーテープが極端に引っ張れられ、

破れてしまう原因になります。


また中にいろいろ入れすぎると形も崩れてしまいます。

入れすぎによる型崩れ.JPG


もしラウンドファスナー型の財布をご使用いただいている場合は、

一度中身をチェックしてみましょう。

中身をチェック.JPG


そして使わないカードやクーポンは取り出してみてください。

カード取り出し.JPG


カードを取り出してみるとファスナーへの負担が減ったことがよくわかります。

比較1.JPG

比較2.JPG

ぜひときどきファスナーに負担がかかっていないか、無理に開け閉めしていないか、

チェックしていただきご愛用の財布を永くお使い頂ければ幸いです。

永く使う1.JPG


永く使う2.JPG