« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月15日 (金)

お財布もクールビズ

こんにちは、mic太田ですicon:body_biceps

いやぁ~、暑いですネicon:sweat
本当に暑いですが、まだまだ7月ですicon:sweat
8月がまだ控えていますので、ここでバテルわけにはいかにですゼicon:body_run_away_right

お店もクールビズってことでディスプレィを新たにしてみましたicon:watermelon
上着を脱いで、ワイシャツの胸ポケットに収納できるコンパクトなお財布シリーズを紹介。
小銭入れに予備のお札を入れて、ちょこっとした買い物や軽装でのお出かけにとっても便利です。ネットでも紹介していますので、是非観てくださいicon:sun

写真.JPG

2.JPG

3.JPG

2011年7月13日 (水)

ファスナー修理

micでは、できるだけ永くお使いただけるようオリジナル商品の修理を承っております。

今日は修理でよくある症状その2をお話します。


前回お話したヒップポケットシリーズのループ取れと同じように、

修理品のなかで多い症状はファスナーのトラブルです。


下の写真は最近お預かりしたmicのダブルファスナー財布。
(大容量の収納力が特徴のラウンドファスナータイプの商品です)

WF全体.JPG


修理希望の財布が届いたらまずどんな症状があるか全体を調べます。


今回の症状はファスナーテープの破れ、ファスナーが閉まらない、の2点です。


まず、ファスナーが閉まらなくなってしまった場合は、

引き手の下についている5角形のスライダーという部品を交換することで、

また使えるようになります。

閉まらない.JPG


ただ、今回のようにファスナーテープが破れてしまうと、

財布からファスナーを一度全部取り外して

新しいファスナーをつける修理になってしまいます。

ファスナーテープ破れ.JPG


ファスナーテープを交換する為にミシンの糸を全部ほどくため、

針穴を合わせることが非常に難しくなります。

針穴に2度針を刺すことで針穴から革が破れる遠因にもなります。


また一度糸をほどくことで針穴部分からなかの芯材がぼろぼろになり、

財布が型崩れを起こしてしまうこともあります。


そのためmicではファスナーテープが破れてしまった財布については、

新品のご購入をお勧めしております。


そこで今日は、せっかくお買い上げ頂いた財布を永く使っていただけるように

ラウンドファスナー型財布の使い方のポイントをご紹介します。


ファスナーで開閉する財布は、ファスナーテープが破れてしまわないように、

中に入れるカードやお金の量を適度に保ってお使い下さい。


カードたくさん.JPG


上の写真のようにカードをたくさん持ち歩いている場合、

無理に引き手を引っ張って財布を開け閉めすることになります。

テープ破れの原因.JPG

そうすることでファスナーテープが極端に引っ張れられ、

破れてしまう原因になります。


また中にいろいろ入れすぎると形も崩れてしまいます。

入れすぎによる型崩れ.JPG


もしラウンドファスナー型の財布をご使用いただいている場合は、

一度中身をチェックしてみましょう。

中身をチェック.JPG


そして使わないカードやクーポンは取り出してみてください。

カード取り出し.JPG


カードを取り出してみるとファスナーへの負担が減ったことがよくわかります。

比較1.JPG

比較2.JPG

ぜひときどきファスナーに負担がかかっていないか、無理に開け閉めしていないか、

チェックしていただきご愛用の財布を永くお使い頂ければ幸いです。

永く使う1.JPG


永く使う2.JPG

2011年7月12日 (火)

mic 職人の背中 その1 深井さん

職人の背中1.JPG

micのブログでは「mic 職人の背中」と題しまして、
少しずつmicの職人を紹介していきます。

今日は記念すべき第一回目。


micの工房を覗くといつも柔和な笑顔で迎えてくれる職人が居ます。

それはこの道一筋40年の大ベテラン 深井さんです。

DSC_0005.JPG

深井さんは財布職人に弟子入りしてから40年間ずっと

千葉の自宅で紳士物を中心に財布作りをしてきました。


爬虫類の革を財布に仕立てられる日本では残り少ない貴重な職人です。

去年、その長く豊かな経験に魅せられてmicの工房に加わっていただきました。

財布メーカーに入社してまもないわたしたちは

深井さんから財布作りのイロハを学んでいます。


「紳士の財布はすべての財布の基本なんですよ。

紳士の二つ折財布には財布作りの全てが詰まっているんです」


「ゆとり」「みつけ」「中いち」


聞いたことも目にしたこともない財布作りの基本用語。


たどたどしくメモをとるわたしたちの手元を確認しながら、

柔らかな物腰の中にも熱心な眼差しをたたえ

1つ1つ丁寧に教えてくださいます。

わたしたちは「cm(センチ)」。

深井さんは「寸(スン)」。

細部の部品を測ることば1つからも長い経験が透けて見えます。

そんな深井さんには娘さんが居て結婚していらっしゃるのですが、

偶然、娘婿の方がmicの財布を使っているそうです。


「私は知らなかったんだけれどね。こんなところで働いているんだよ。

と話していたら、彼が偶然micの財布を使ってたんですよ」


熟練職人の深井さんとmicに意外なご縁がありました。

末永くmicとともに財布作りをしていっていただきたいです。


ちなみに、深井さんは熟練した職人に見えますが、

日本の財布職人のなかでは深井さんでも若い方なのだそうです。


職人の道は本当に遠く長い。

身近にその技に触れられるありがたみを感じます。

職人の背中3.jpg

次回の「mic 職人の背中」は恰幅のよい優しい紳士、田中先生が登場します。

2011年7月 5日 (火)

グレージングヌメ ヒップポケット 再入荷致しました

御徒町店、神戸店、オンラインショップでも入荷待ちになっておりました、

グレージングヌメのヒップポケットMH0409、本日再入荷致しました。

mic入荷案内 g-numeヒップポケット.jpg

お問い合わせ、ご予約いただいておりました皆様大変お待たせ致しました。


ご予約のお客様には本日から順次ご連絡致します。


店頭・オンラインショップでご購入希望のお客様、
本日より販売を開始致しましたのでご来店お待ちしております。